NPO法人機能性素材研究会の最新活動ニュースをお届けします

2017年

2月

10日

特別レポート 2017新年特別講演 『機能性素材の理解と応用~あなたの健康のために~』

去る1月8日(日)静岡県熱海市のハートピア熱海において、NPO法人機能性素材研究会より6名の先生方をお招きして、「機能性素材の理解と応用」~あなたの健康のために=と題して新年特別講演会が開催されました。ここに各先生方の講演内容を要約して報告させて頂きます。

 

萩原 優 先生

NPO法人 機能性素材研究会 理事長 イーハトーヴクリニック医院長

NPO法人機能性素材研究会の理事長萩原先生は、昨年春にご自身の体調を崩した体験談からお話がありました。体の冷えがあり、寝ていても足が冷たく靴下をはいて寝ないと眠れなく、血圧も高くなり、合わせて頭痛もひどく、検査をしても異常はなく、原因がわからなかった。そこで、毎日歩く事・食事に気を付け、ダイエットをしたところ、体の冷えが改善され体調が良くなったそうです。今回はご自身の体験から、どうしたら健康を保てるのかを考えて、「米国の統合医療と精密医療について」と「プラシーボ効果について」のお話をされました。
2015年オバマ大統領が演説の中で、精密医療戦略を打ち立て国民に公表しました。
精密医療は、私達の遺伝子・環境・ライフスタイルの多様性を考慮に入れて予防途中新たなアプローチをし、科学的根拠に基づいて医療をしていこうと提言されています。具体的には遺伝子を分析し、その人に合った一人一人の予防・治療や健康に役立てるような新しい医療です。遺伝子は変えられないと思われていましたが、今は生活習慣や、環境を変える努力により、遺伝子の組み換えができるそうです。遺伝子は次の世代にも受け継がれていくもので、とても大切なもので、ここに焦点を当てこれから発展していく、健康に役立つ分野です。
現在日本において統合医療をしている医者は少なく、西洋医学と補完代替医療にわかれ、補完代替医療の医者が統合医療をしている。アメリカでは、西洋医学の医者が現代医療に基盤を置きながら代替医療をやっていこうという流れになっている。日本でも10年後には、アメリカのように統合医療が増えるだろう!と力強く語れました。
近年心の動きが科学的に解明されてきて、うつ病もMRI検査により扁桃体が小さいなどと解ってきていますが、心と体はつながっているので、自分の体は、食事・運動・睡眠・サプリメントなどにより自分で守ることが一番大切なことです。
プラシーボ効果とは、薬理作用のない物を、患者に「効きますよ」と言って飲んでもらうと30~40%くらい効果が出ます。病は気からというように、『暗示』を受けることで病が治る。また、副作用のない薬を副作用がでると説明を受けて薬を飲むと吐き気や頭痛などの副作用が出ることもあるように、本来の薬の働きよりも暗示による働きが強くなるそうです。ですから私達は心と体が相関しているので自分の体は自分で守り、体の声を聞くことが大切なのです。

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

01日

理事長 萩原優先生より、新年のご挨拶

NPO法人 機能性素材研究会を代表して、理事長の萩原優先生より、新年のご挨拶をいただきました。

 NPO法人 機能性素材研究会 理事長 萩原 優

NPO法人 機能性素材研究会 理事長 萩原 優

 

皆さま、明けましておめでとうございます。「光陰,矢の如し」で時が経つのは本当に速く感じられます。本年もよろしくお願い申し上げます。
私たちは「幸せ」でありたい。殆どの方々はそう思われているに違いありません。私もその様に思っている一人です。
幸せでいるためには、健康が大切です。体に特別な支障がなければ健康と考えがちですが、でも、「心の健康」が基本です。
日常生活では、食事、運動、睡眠に注意することが大切です。何事にも中庸という考え方があります。偏れば、反動が起きます。日々の生活の中でバランスを取ることが健康の秘訣だと思います。
機能性食品も実際に使うことにより、どの様な反応が心、体に感じられるか、自分で実践して感じ取ることが大切です。その事が、健康になること、健康の維持につながると思います。
心の持ち方が体にとても影響を及ぼしています。また、体の声を聴くとは逆に体が心に影響を与えているのです。ですから、意識と体とのコミュニケーションが重要となります。

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

12日

東海セミナーが開催されました(講師:女子栄養大学教授 林修 先生)

11月19日(土)茨城県東海村の舟石川コミュニティーセンターに女子栄養大学林修教授をお招きして、「スピルリナとシニアの栄養」と題して秋季特別講演会が開催されました。茨城に初めてお越しいただいた林教授の講演を心待ちされていた方で、会場は満席になりました。

今年日本人の平均寿命が、女性87.05歳・男性80.79歳に延びました。しかし健康寿命は、平均寿命より男性は約9年、女性は12年短いのが実情です。健康寿命を延ばし、PPKを目指すお手伝いとして、スピルリナの詳しい4つの特徴とシニアの栄養のお話でした。

高たんぱく質

スピルリナにはバランスのとれた高たんぱく質と必須アミノ酸を豊富に含んでいます。
「必須アミノ酸」はたんぱく質20~30%占めて、サルコペニア(筋肉量の低下)・フレイルティ(高齢による衰弱)・糖尿病予防、筋疲労の軽減、ダイエット効果、高齢者の食欲不振改善効果があります。
また、たんぱく質不足により、糖尿病発症リスクが高くなります。体を巡るブドウ糖は、筋肉細胞と脂肪細胞に取り込まれますが、たんぱく質不足で細くなった筋肉細胞ではブドウ糖がうまく取り込まれず、高血糖・糖尿病を招きます。
*高齢になると青信号を青のうちに渡りきれなくなったり、段差のない所で転んでしまったりすることありますよね。筋肉量の低下が原因であり、スピルリナには筋肉量を増やす作用があります。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

12日

講演レポート 「スピルリナとシニアの栄養について」

去る8月23日(火)群馬県前橋市県勤労福祉センターにおいて、「スピルリナとシニアの栄養」夏季特別講演in前橋と題して、女子栄養大学の林修教授をお招きして講演会が開催されました。前日、台風9号が関東地方通過により各地に大雨をもたらし、天候が心配されましたが、前橋は35度の猛暑日となりました。暑い中、会場は林教授の講演を楽しみにされていた大勢の方で満席となり、活気ある講演会となりました。

スピルリナは熱帯地方の塩湖に自生し、らせん形をしている藻の一種です。35億年前に地球上に誕生した生物で、あらゆる動植物の起源といわれ人間の体内に必要とされる栄養素や機能向上に貢献する成分を50種類以上含んでいます。なかでもタンパク質はその60%も占めています。このスピルリナの4つの特徴をそれぞれ最新のデータよりご説明がありました。

女子栄養大学教授 林修 先生
女子栄養大学教授 林修 先生
続きを読む 0 コメント

2016年

7月

25日

東海セミナーが開催されました(講師:薬剤師 根津良幸 先生)

6月16日(木)茨城県東海村の舟石川コミュニティーセンターにて、『機能性素材の免疫と健康について』と題して、NPO法人機能性素材研究会より薬剤師根津先生をお招きして健康セミナーが開催されました。お年寄り・女性に愛される根津先生のお人柄もあり、平日にも関わらず大勢の方にご来場いただきました。

 

抗老化と共に生活の質の向上を図り、自立した健康で快適な生活を過ごす事のできる「健康寿命を延ばす」には免疫力を低下させない生活をすることが大切であるという事から様々なすばらしいお話しがありました。その中から要約してご紹介させていただきます。

免疫低下の主な要因として、加齢、食生活、ストレス、環境要因がありますが、特に昨今は、ストレス過多により活性酸素が増える事が、様々な病気の原因になっています。
人間は空気を吸って生活しています。空気の21%は酸素で、その約2%が活性酸素になると言われ、「酸化させる力」が非常に強力で、体の中の機能を「さび付いた状態」にすることで老化が進みます。
活性酸素が増える原因には、ストレス以外ではウィルス細菌・食品添加物・薬・タバコ・紫外線・農薬・排気ガスなどもあります。
活性酸素により細胞がダメージをうけると、シミ・シワ・白髪・白内障・糖尿病・潰瘍などになり、免疫力が低下すると、ガン・アトピー・炎症を起こします。また、血管・血液のダメージがあると動脈硬化・高血圧・心筋梗塞・脳卒中・冷え性・しびれなどの症状が出ます。
要支援・要介護になった原因では、運動器の障害と脳血管障害で約半分を占めています。
脳梗塞・脳出血・くも膜下出血の危険因子には、高血圧・高脂血症・糖尿病・不整脈・喫煙などがあります。脳卒中予防には、免疫力強化と老化や病気の誘因となる活性酸素を発生させないことが大切です。

根津良幸先生
根津良幸先生
続きを読む 0 コメント